【厚労省】1薬局、8薬剤師が保険取消‐14年度指導・監査

2015年12月25日 (金)

ニュース


調剤報酬の返還額5億円超

 厚生労働省は22日、2014年度の保険医療機関、保険薬局の指導・監査等の実施状況をまとめ、公表した。1薬局が保険指定の取り消し処分、8人が保険薬剤師の登録取り消し処分を受けた。指定の取り消しは前年度と横ばいで、登録取り消しは7人増えた。指導・監査による調剤報酬の返還額は5億4000万円だった。

 調剤報酬に関わる個別指導を実施した保険薬局は1497件、薬剤師は2073人、新規個別指導を行った保険薬局は2798件、薬剤師は3538人、集団的個別指導を行った保険薬局は3851件、適時調査を行った保険薬局は1件、監査を行った保険薬局は7件、薬剤師は32人だった。特に新規個別指導の薬局数が前年度に比べて約300件増えており、新たに保険薬局として申請した新規開設薬局が多かったことが考えられた。



HOME > ニュース > 【厚労省】1薬局、8薬剤師が保険取消‐14年度指導・監査

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!