【関西電力医学研究所】米飯より先に魚・肉料理‐食べる順番が食後血糖に影響

2016年1月19日 (火)

ニュース


 関西電力医学研究所の研究グループは、米飯よりも先に魚や肉料理を食べることによって消化管ホルモンのインクレチンの分泌が促進され、食後の血糖上昇が是正されることを、健康成人と2型糖尿病患者を対象にした研究で明らかにした。糖尿病の予防や治療において、エネルギーの摂取量や食事内容のバランスに加えて「食べる順番」も重要になる科学的根拠を示した。

 研究に取り組んだのは関西電力医学研究所の清野裕所長、矢部大介副所長、同糖尿病研究センター桑田仁司部長らの研究グループ。研究成果は、欧州糖尿病学会機関誌「Diabetologia」のオンライン版で、昨年12月24日に公開された。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【関西電力医学研究所】米飯より先に魚・肉料理‐食べる順番が食後血糖に影響

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS