【日薬】山本会長「門前薬局適正化、忸怩たる思い」

2016年1月20日 (水)

ニュース


山本信夫会長

山本信夫会長

 日本薬剤師会は13日、都内で新年賀詞交歓会を開いた。あいさつに立った山本信夫会長は、「当初、マイナス改定が必至ではないかという、半ば確信に近いことがずいぶんと言われていた」16年度診療報酬改定率について、国会議員や行政などへの働きかけにより、「何とか1:0.3という従来の比率だけは守ることができた。十分に日薬としての働きはしたつもり」と成果を強調した。

 一方で、改定の別枠で実施される「大型門前薬局等の評価の適正化」によって約40億円(国費)が削減されたことを念頭に「残念ながら私どもの仲間である何軒かの薬局がそこにかかってしまうという意味では、会長としては忸怩たる思いがある」との心情も吐露した。



HOME > ニュース > 【日薬】山本会長「門前薬局適正化、忸怩たる思い」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!