【日病薬近畿ブロック会議】ICUでの薬剤師配置、評価へ‐診療報酬改定で日病薬・北田会長

2016年1月28日 (木)

ニュース


「無菌製剤処理料1」の見直しも

北田光一会長

北田光一会長

 日本病院薬剤師会の北田光一会長は23日、神戸市内で開かれた日病薬近畿ブロック会議で、2016年度診療報酬改定に関して▽特定集中治療室(ICU)等での薬剤師の配置と多職種と連携した業務▽「無菌製剤処理料1」の見直し――などについて評価を得られると見通しを示した。ただ、「見かけはプラス改定だが実質マイナス改定という中で、どの程度の評価をいただけるかは2月中旬に最終的に出てくるまではっきりしない」と語った。

 1月13日の中央社会保険医療協議会で示された診療報酬改定の骨子に「特定集中治療室等の高度急性期医療を担う治療室において、薬剤関連業務を実施するために薬剤師を配置し、多職種の連携を推進している場合を評価する」と記載された。北田氏は「集中治療室がある施設の半数以上に薬剤師が配置され、医療者の負担軽減やリスク回避に貢献している。先生方の努力が形になった」と話した。



HOME > ニュース > 【日病薬近畿ブロック会議】ICUでの薬剤師配置、評価へ‐診療報酬改定で日病薬・北田会長

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!