【中医協総会】経営独立性、実効性ある方法を‐日薬・安部常務、薬局の構造規制緩和で

2016年2月4日 (木)

ニュース


 中央社会保険医療協議会は、1月29日に開いた総会で、医療機関と保険薬局の一体的な構造・経営を規制するため、厚生労働省が提案していた「保険薬局の構造的独立規制の見直し」を了承した。診療側の安部好弘委員(日本薬剤師会常務理事)は、薬局の経営上の独立性を証明するため、厚労省が提出を求めている不動産賃貸借関連書類などの対応について、「これだけで完全に確認できるのか」とし、より実効性のある確認方法の検討を求めた。

 厚労省が示した「対応の方向性」では、患者の利便性に配慮し、病院と薬局の間をフェンスで仕切るなどして、公道にいったん出ることを一律に求める運用を改めるとした。



HOME > ニュース > 【中医協総会】経営独立性、実効性ある方法を‐日薬・安部常務、薬局の構造規制緩和で

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!