【厚労省】「バラクルード」に死亡例‐添付文書を改訂

2016年2月22日 (月)

ニュース


 厚生労働省は16日、ブリストル・マイヤーズの抗ウイルス剤「バラクルード錠」(一般名:エンテカビル水和物)に重大な副作用として死亡例が見られたことなどから、添付文書の「使用上の注意」を改めるよう製造販売業者に指示した。

 バラクルード錠については、添付文書の重大な副作用の項に関する記載で肝機能障害を追記。同錠での治療中にAST(GOT)、ALT(GPT)が上昇することがあることから、より頻回に肝機能検査を行うなど、観察を十分に行うと共に、検査等の経過から肝機能障害が回復する兆候が認められない場合は、投与を中止するなど適切な処置を行うよう促した。



HOME > ニュース > 【厚労省】「バラクルード」に死亡例‐添付文書を改訂

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!