【富士フイルム】抗癌剤「FF-10502」、米国で第I相試験開始

2016年2月26日 (金)

ニュース


 富士フイルムは、膵臓癌など固形癌を対象とした抗癌剤「FF-10502」を対象とした第I相試験を米国で開始したと発表した。世界最大規模のがんセンター「テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター」を治験実施施設として活用する。

 「FF-10502」は、癌細胞の核内の入り込みDNAの合成を阻害することで、癌細胞の増殖を抑制する抗癌剤。膵臓癌を対象としたマウスモデル実験では、既存の薬剤と比較して、同等の安全性を示し、腫瘍組織を退縮させる薬効が認められている。



HOME > ニュース > 【富士フイルム】抗癌剤「FF-10502」、米国で第I相試験開始

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!