【薬ゼミ調査】第101回国試、合格率80%近くに上昇か‐新卒はさらに上回る予想

2016年3月11日 (金)

ニュース


 2月27、28日に実施された第101回薬剤師国家試験で、薬剤師国家試験予備校大手「医学アカデミー薬学ゼミナール」が全受験者を対象に実施した自己採点の結果、平均総合正答率は72.5%と第100回に比べ、約5.4%も高くなっていたことが明らかになった。必須問題が約4.9%、理論問題が約5.3%、実践問題が約5.8%上回り、難易度が高かった第99回、100回から一転して、比較的得点しやすい試験になったといえる。薬ゼミでは、廃問や調整を考慮しなければ、合格率は第100回の63.17%を大きく上回り、80%付近まで上昇すると予想。新卒については、さらに上回る可能性があるのではないかとの見方を示している。

 薬ゼミが2日現在で1万0482人から自己採点結果を収集し、速報結果を得た。平均総合正答率は第99回、100回より高く、第98回の70.9%も上回る結果となった。中でも平均正答率60%以上の問題を見ると、11題が補正対象となった第100回の231題に比べても第101回は248題と得点しやすい問題が多かったようだ。必須問題をはじめとして、数問だが解答肢から正解を選びやすい問題や、既出問題に関して過去に出題された問題がそのまま出題されたもの、解答肢を2カ所だけ変更した問題などが見られた。



HOME > ニュース > 【薬ゼミ調査】第101回国試、合格率80%近くに上昇か‐新卒はさらに上回る予想

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!