【バイエル薬品】3年連続売上高二桁成長‐国内ベスト10入り達成

2016年4月12日 (火)

ニュース


カーステン・ブルン社長

カーステン・ブルン社長

 バイエル薬品のカーステン・ブルン社長は6日に都内で会見し、2015年の売上高が前年比12.2%増の2795億円となったことについて「大変うれしいことに3年連続で二桁成長を記録することができた」と高く評価した。抗凝固剤(NOAC)「イグザレルト」、加齢黄斑変性などを適応とした眼科用VEGF阻害剤「アイリーア」が成長を牽引した薬剤に挙げ、「15年は成功の年で、強みを生かすことができた」と総括し、16年の売上高については「4年連続で市場の成長率を上回る成長を達成したい」との目標を掲げた。

 主力品2剤の売上高は、イグザレルトが28.3%増の516億円、アイリーアが64.0%増の450億円で、それぞれNOAC市場、眼科用VEGF阻害剤市場で売上高・シェア共に1位となった。

 主力品の好調を受けて、国内売上高順位が12年の17位から3年間で10位まで躍進した。



HOME > ニュース > 【バイエル薬品】3年連続売上高二桁成長‐国内ベスト10入り達成

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!