【日病薬】患者との対面下で閲覧を‐“電子お薬手帳”の対応で注意喚起

2016年4月13日 (水)

ニュース


 日本病院薬剤師会は、2016年度診療報酬改定で紙の手帳と同等の機能を有していれば保険点数が算定可能となった「電子お薬手帳」について、あらかじめ口頭などで患者の同意を得た上で、対面下で閲覧するよう会員に注意喚起した。

 電子お薬手帳による薬剤服用歴管理指導料の算定が認められたことで、患者が電子お薬手帳を持参するケースが増加すると見られている。電子お薬手帳の中には、スマートフォンの専用アプリなどを活用したものが多く、患者の医療に関する情報以外の個人情報も多く含まれていると指摘。患者の電子お薬手帳を閲覧するに当たっては、口頭などによる同意を得た上で、患者との対面下で閲覧することが前提になるとした。



HOME > ニュース > 【日病薬】患者との対面下で閲覧を‐“電子お薬手帳”の対応で注意喚起

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!