【GE薬協】「品切れ品目ゼロ」ならず‐12年度AP達成を調査

2013年8月23日 (金)

ニュース


 日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)は21日、厚生労働省の「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」に示された課題に対する2012年度末の会員各社の達成状況を公表した。安定供給に向けた在庫の確保については、韓国の原薬製造所のGMP不適合などの問題で前年度を上回る14社21件の品切れがあり、09年度末までに品切れ品目ゼロとの目標は昨年度も達成できなかった。調査は、12年4月1日~13年3月31日までのAPの目標達成状況について、GE薬協の会員41社を対象にアンケートを実施したもの。

 09年度末の目標だった「品切れ品目ゼロ」については、年々減少傾向にあったものの、12年度は前年度の8社11件を上回る14社21件の品切れがあった。



HOME > ニュース > 【GE薬協】「品切れ品目ゼロ」ならず‐12年度AP達成を調査

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!