【厚労省】後発品シェア60%突破‐11月の調剤医療費動向

2016年5月16日 (月)

ニュース


 厚生労働省は、昨年11月の調剤医療費(電算処理分)の動向を発表した。それによると、調剤費は前年同期比12.1%増の6354億円、処方箋1枚当たり調剤医療費は9.6%増の9634円だった。後発品の数量シェアは60.3%と60%を突破した。

 11月の調剤医療費の内訳を見ると、技術料が3.3%増の1472億円、薬剤料が15.0%増の4872億円。薬剤料のうち、後発品薬剤料は17.5%増の686億円だった。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】後発品シェア60%突破‐11月の調剤医療費動向

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!