【GHITファンド】製薬企業等10社が新規参画‐出資額は5億8000万円に

2016年6月9日 (木)

ニュース


GHITファンドのB・T・スリングスビーCEO

GHITファンドのB・T・スリングスビーCEO

 官民基金のグローバルヘルス技術振興基金(GHITファンド)は6日、新たに富士フイルム、大塚製薬、グラクソ・スミスクライン、協和発酵キリンなど製薬企業を含め10社が新規パートナーとして参画すると発表した。出資額は10社合計で5億8000万円となる予定で、グローバルな顧みられない感染症への研究開発に対して、GHITファンドの投資がさらに拡大することになった。

 GHITファンドは2013年の設立当時、武田薬品やアステラス製薬など10社をパートナーとしていたが、設立から3年で取り組みを広げているところで、今回の新たな製薬企業など10社の参画により、パートナーは合計26社にまで拡大した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【GHITファンド】製薬企業等10社が新規参画‐出資額は5億8000万円に

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS