【厚労省】ジェネリック薬3品目、溶出性の改善を確認

2016年7月7日 (木)

ニュース


 厚生労働省は6月30日、今年3月2日に開催された第16回ジェネリック医薬品品質情報検討会の概要を公表した。

 過去の検討会において溶出挙動の課題が指摘された製剤のうち、品質改善が進められたロキソプロフェンナトリウム錠、ベニジピン塩酸塩錠、ファモチジン口腔内崩壊(OD)錠の3品目について、国立医薬品食品衛生研究所と地方衛生研究所の担当者で構成する「製剤試験ワーキンググループ」が溶出試験を行った結果、いずれも溶出性が改善されていることを確認した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】ジェネリック薬3品目、溶出性の改善を確認

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS