【厚科審部会】子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」、接種継続に問題なし

2016年7月15日 (金)

ニュース


 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は8日に合同会議を開き、前回会議で接種後に死亡例が見られ、審議が持ち越しとなっていた子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」について、ワクチン接種と死亡の因果関係は認められないと判断し、接種の継続に問題はないと結論づけた。また、麻しん、風しん、おたふくかぜなど8種類のワクチンの安全性を評価し、いずれのワクチンも接種を継続して差し支えないとした。

 合同会議では前回、子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」について、接種後約2年7カ月後に心室細動が原因で死亡した症例が1件報告されたことから、因果関係に関する調査を継続していた。その結果、今回、死亡はワクチン接種から長期間経過後に確認されているため、ワクチン接種との因果関係は認められないと判断。接種を継続することに問題はないと結論づけた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚科審部会】子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」、接種継続に問題なし

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS