ニボルマブにEGFR阻害剤、連続投与で重篤な肺疾患‐厚労省が注意喚起

2016年7月28日 (木)

ニュース


 厚生労働省は22日、小野薬品の抗癌剤「ニボルマブ」(製品名:オプジーボ)による前治療歴がある患者に対し、1日時点でEGFRチロシンキナーゼ阻害剤を投与した8例で重篤な間質性肺疾患(ILD)が報告されたことから、既往歴の確認など十分な注意と経過観察を行うよう都道府県や日本臨床腫瘍学会などに通知し、注意喚起を周知するよう要請した。

 ニボルマブの前治療歴がある患者に投与後、ILDが確認されたEGFRチロシンキナーゼ阻害剤は、アストラゼネカの「オシメルチニブ」(製品名:タグリッソ)が6件、同社の「ゲフィチニブ」(製品名:イレッサ)が1件、中外製薬の「エルロチニブ」(製品名:タルセバ)が1件の計8件。そのうち、死亡例がオシメルチニブで2件、ゲフィチニブでも1件見られた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > ニボルマブにEGFR阻害剤、連続投与で重篤な肺疾患‐厚労省が注意喚起

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS