【総合企画センター大阪・調査】MRの生産性、15年度は増加‐人員減と総売上拡大で

2016年8月24日 (水)

ニュース


 製薬企業のMR1人当たりの年間国内医療用医薬品売上高を表すMRの生産性が、前年度比620万円増の1億6800万円となることが、市場調査会社の総合企画センター大阪の調べで明らかになった。総MR数が1.3%減少した一方、総売上高が2.5%増と拡大したためとしている。

 調査は、国内・外資系企業25社を対象に、国内における営業組織や営業体制の変遷、MR数、MR生産性、MRの活動体制について調べた。

 15年度のMR1人あたりの生産性は、400万円弱減少した前年度から増加に転じた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【総合企画センター大阪・調査】MRの生産性、15年度は増加‐人員減と総売上拡大で

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!