【武田薬品】チクングニア熱ワクチン、印企業と開発へ

2016年9月26日 (月)

ニュース


 武田薬品とインドのザイダス・カディラは、アフリカ、アジア、インド亜大陸における新興感染症のチクングニア熱ワクチンの開発と商業化に向けた提携を発表した。両社はチクングニア熱ワクチンの早期開発段階から上市に至るまで共同で取り組む。武田は新興感染症ワクチン開発に積極的で、ジカ熱やデング熱の予防ワクチンで提携を進めているが、今回はインド企業と手を組み、チクングニア熱の撲滅を目指す。

 チクングニア熱は、デング熱やジカ熱と同じく、ネッタイシマカやヒトスジシマカにより媒介され感染する。発熱や重度の関節痛を引き起こし、筋肉痛や頭痛、悪心などの症状が現れることもある。米国疾病対策センターによると、チクングニアウイルス感染の予防ワクチンや治療薬は現時点で存在していない。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【武田薬品】チクングニア熱ワクチン、印企業と開発へ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS