【厚労省検討会】次期医療計画も5疾病記載‐「計画ありき」との批判も

2016年10月13日 (木)

ニュース


 厚生労働省の医療計画の見直し等に関する検討会は7日、2018年度からの第7次医療計画に位置づける政策的な重点疾患として、引き続き癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患の5疾患に重点的に取り組むことで大筋合意した。ただ、委員からは「計画ありきだ。国民の命と健康を守るため、どのような医療提供体制が必要かという議論になっていない」との批判も出た。

 医療計画には、患者数が多く政策的に重点が置かれる広範で継続的な医療の提供が必要とされる疾患として5疾患が位置づけられ、必要な医療機能や設定された数値目標などが盛り込まれている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省検討会】次期医療計画も5疾病記載‐「計画ありき」との批判も

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS