【厚労省検討会】副作用対応マニュアル改訂‐記載の古い疾患から見直しへ

2016年10月17日 (月)

ニュース


重篤副作用総合対策検討会

重篤副作用総合対策検討会

 厚生労働省の重篤副作用総合対策検討会は7日、薬剤師などの医療者や患者が副作用の初期症状を早期に発見し、対応できるようにする「重篤副作用疾患別対応マニュアル」の見直しに向けた議論を開始した。

 マニュアル作成から10年以上が経過し、内容が古くなったため、記載が古い疾患から順に見直しを進め、今年度から5年かけて改訂を行う。今後、関連学会の意見を踏まえた上で、来年初めをメドに疾患領域やマニュアルのあり方などから検討を進めていく予定だ。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省検討会】副作用対応マニュアル改訂‐記載の古い疾患から見直しへ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS