【製薬協】伍藤理事長、オプジーボ「時間をかけて議論を」

2016年10月27日 (木)

ニュース


伍藤忠春理事長

伍藤忠春理事長

 日本製薬工業協会の伍藤忠春理事長は20日、大阪市内で開いた総会後の記者会見で「オプジーボ」の薬価引き下げをめぐる一連の動きについて「制度をその場その場で改変するのは企業経営に甚大な影響を与える」と反対する姿勢を表明した。

 2016年度の薬価制度改革で新設された特例拡大再算定も「急に出た話」とし、「時間をかけて議論しルールを決める。決めたルールはきちんと守る。これに尽きるのではないか」と述べ、今後場当たり的な制度改変が繰り返されることがないよう理解を求めた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【製薬協】伍藤理事長、オプジーボ「時間をかけて議論を」

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS