【薬学教育評価機構】不適切な成績評価を改善‐改善項目の審議結果公表

2016年11月2日 (水)

ニュース


 薬学教育評価機構は、2014年度の薬学教育評価を行った「総合判定の結果」で改善を求めた項目に対し、就実大学薬学部、昭和大学薬学部、京都薬科大学薬学部から提出された報告書の審議結果を公表した。

 薬学共用試験のCBT(コンピュータテスト)を進級試験としないことや実務実習の事前学習に薬学共用試験の結果を加味しないことなどの措置が示されたことから、同機構はいずれの大学も指摘事項に対する改善が見られたと判定した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【薬学教育評価機構】不適切な成績評価を改善‐改善項目の審議結果公表

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS