【参天製薬】長期収載品譲渡「全くない」‐黒川社長が強調

2016年11月8日 (火)

ニュース


黒川明氏

黒川明氏

 参天製薬代表取締役社長の黒川明氏は2日、大阪市内で開いた中間決算会見で、長期収載品を他社に譲渡したり、オーソライズドジェネリック戦略をとったりする意向は「全くない」と強調した。その一方で、海外や国内市場において「新製品をテコに成長を続けたい」と言及。医療用眼科薬領域で世界3位以内という目標達成に向けた一つの手段として、巨費を投じて緑内障用デバイス「マイクロシャント」を手に入れるなど、緑内障領域のパイプラインを強化していると語った。

 黒川氏は「眼科で処方される医療用医薬品を五十数品目販売している。それによって患者さんや医療関係者の参天製薬に対するマインドシェアが高まっている」と言及。「長期収載品にはクラビットやヒアレインがあるが、これらを他社で売ってもらおうとは全く考えていない。私どもでちゃんとお届けして、情報も伝える」と話した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【参天製薬】長期収載品譲渡「全くない」‐黒川社長が強調

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS