【厚労省】医療・介護費5兆円削減へ

2013年9月4日 (水)

ニュース


後発品促進で1兆円

田村憲久厚労相

田村憲久厚労相

 厚生労働省は8月30日、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる2025年度までに見込まれる医療・介護費を約5兆円抑制するとの目標を発表した。後発品の使用促進で約1兆円、特定健診・保健指導を通じた生活習慣病の早期発見や禁煙対策などを進め約2・4兆円の削減を見込む。

 後発品の使用促進による1兆円の抑制額は、「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」で17年度に後発品の数量シェア60%以上という目標を達成し、25年度まで維持すると仮定して推計したもの。



HOME > ニュース > 【厚労省】医療・介護費5兆円削減へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!