【サノフィ】新薬回帰路線へ‐20年までに20製品以上上市

2016年11月22日 (火)

ニュース


後発品は「オーソライズドジェネリック中心」に

ジャック・ナトン社長

ジャック・ナトン社長

 7月に就任したサノフィ日本法人のジャック・ナトン社長は、16日に都内で記者会見し、「2020年までに20製品以上の新薬を上市したい」と抱負を述べ、専門医を対象とした新薬で成長回帰を目指す方針を語った。一方、ジェネリック医薬品(GE薬)事業は、オーソライズドジェネリック(AG)を中心に据え、当初の事業計画から縮小する方向性を明らかにした。ビジネスユニット制をスタートし、新薬ラッシュに対応するMR数については、「規模よりもフレキシビリティ」を重視し、増員ではなく専門性の高い人材育成で対応する構え。

 同社は、昨年に主力の抗血小板薬「プラビックス」や糖尿病のインスリン製剤「ランタス」が国内で特許切れし、厳しい状況に直面している。そこで決断したのが新薬への回帰。今年、「糖尿病・循環器」「ジェネラル・メディスン」「稀少疾患・オンコロジー」などのビジネスユニット制を開始した。製品構成の若返りを図り、希少疾患薬を含め、スペシャリティ製品を投入する。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【サノフィ】新薬回帰路線へ‐20年までに20製品以上上市

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS