【帝人グループ】10年後のあるべき姿を視野に‐来年2月に中計発表へ

2016年12月13日 (火)

ニュース


鈴木純社長

鈴木純社長

 帝人グループの鈴木純社長は2日、大阪市内で記者懇親会を開き、2014年に発表した修正中期計画について、「今年は集大成の年。構造改革、成長戦略、発展戦略として計画してきたことを着実に実行していく」との方針を語った。

 鈴木氏は、成長戦略についてヘルスケア事業にも言及。医薬品事業では既存薬の適応追加に加え「痛風・高尿酸血症治療剤『フェブリク』が堅調に推移している」と説明。さらに「成長ホルモン剤の導入のほか、患者情報共有システム『バイタルリンク』の販売展開などで順調に伸ばしている。まだまだ既存の製品、サービスの販売を極大化するところまでは至っていないが、成長戦略の中でさらに加速していく」と強調した。

 また、来年2月発表予定の次期中期計画(17年~19年)では「10年後にあるべき姿の形を決め、次の3年間にやるべきことをアクションに落とし込んでいく」と説明。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【帝人グループ】10年後のあるべき姿を視野に‐来年2月に中計発表へ

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!