【テバジャパン】MS治療剤で新薬事業‐18年までにジェネリック薬で国内トップ

2013年9月6日 (金)

ニュース


左から西村氏、菊繁氏、クリンスキー氏

左から西村氏、菊繁氏、クリンスキー氏

 テバジャパンは、新薬事業に参入し、新薬とジェネリック薬(GE薬)のハイブリッド製薬企業として、国内市場に攻勢をかける。GE薬のテバ製薬は2018年までに国内GE薬メーカーで第1位になる目標を掲げるほか、新薬事業の「テバファーマスーティカル」は多発性硬化症(MS)治療薬「コパキソン」の承認取得を目指す。会長のイツァック・クリンスキー氏は、3日の記者会見で、「他社提携を通じて、中枢神経系や呼吸器、癌などスペシャリティ領域で存在感を発揮できる会社になりたい」と語った。

 テバ製薬の12年売上高は前年比10%増の640億円で、国内GE薬市場のシェアで第3位に位置している。「18年までにトップシェアを獲得する」という目標に向け照準を置くのが、スペシャリティ領域。5月に新社長に就任した菊繁一郎氏が、営業・マーケティング本部長と営業部長を兼任する組織改革を実施し、意思決定を迅速に行えるようにした。



HOME > ニュース > 【テバジャパン】MS治療剤で新薬事業‐18年までにジェネリック薬で国内トップ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!