【厚労省作業G】ネット販売ルール、たたき台提示‐実店舗の開店時間など示す

2013年9月19日 (木)

ニュース


一般用医薬品の販売ルール策定作業グループ

一般用医薬品の販売ルール策定作業グループ

 厚生労働省は11日に開かれた「一般用医薬品の販売ルール策定作業グループ」に、インターネット販売ルールのたたき台を提示した。ネット販売業者に対して、Webサイトでの営業だけでなく、実店舗の開店時間を「午前8時から午後6時までの週40時間以上とする」との条件を課す案を示したが、委員からは開店時間は規定せずに「週30時間くらいが妥当」との意見が相次いだ。また、ネット業者に、医薬品の販売・情報提供を行った薬剤師、登録販売者の氏名や時刻、相手の連絡先などの記録の作成・保存を義務づけることも求めた。

 販売記録の作成は、ネット販売業者には義務づけとする一方で、対面販売の店舗には努力義務にとどめる内容になっているため、ネット業者側から不公平との声が上がったほか、後藤玄利委員(日本オンラインドラッグ協会)は「対面もネットも義務化したらいい」と提案。他の委員から「どちらも努力義務にすべき」との発言もあり、合意には至らなかった。



HOME > ニュース > 【厚労省作業G】ネット販売ルール、たたき台提示‐実店舗の開店時間など示す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!