【産婦人科医会・関連団体】“風疹ゼロ”プロジェクト‐2020年まで毎年2月に展開

2017年2月17日 (金)

ニュース


 日本産婦人科医会は、風疹の流行に伴う先天性風疹症候群(CRS)の発症を防ぐため、日本産婦人科学会、日本周産期新生児医学会、国立感染症研究所と協力し、今月を“風疹ゼロ”月間として「“風疹ゼロ”プロジェクト」を展開している。

 同プロジェクトは、国が2020年までに“麻疹排除”を目標として掲げているが、その年は東京オリンピック・パラリンピックが開かれ、世界中から多くの人々が訪れることから、その目標達成を念頭に置いたもの。20年までの毎年2月を、計画的な啓発キャンペーン月間としてワクチン接種推進活動を、行政や関係機関、学会等で行っていく。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【産婦人科医会・関連団体】“風疹ゼロ”プロジェクト‐2020年まで毎年2月に展開

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS