【ファイザー日本法人】16年度売上7.4%減‐5000億円割るのは11年度以来

2017年3月13日 (月)

ニュース


梅田一郎社長

梅田一郎社長

 ファイザー日本法人の梅田一郎社長は8日、都内で記者会見し、2016年度売上高が7.4%減の4737億円と11年度以来の5000億円を下回った業績について、「ジェネリック医薬品の浸食で長期収載品が厳しかったこと、主力品の末梢性神経障害性疼痛治療薬『リリカ』の拡大再算定など薬価引き下げが影響した」との認識を示した。今年度は5品目以上の承認を目指し、売上の現状維持を図る方針だ。

 同社の昨年度業績は、IMS調査の国内販促会社売上ランキングでは首位、販売会社では5位と昨年と同じポジションを維持したが、マイナス成長の年となった。その一方で、過活動膀胱治療剤「トビエース」や抗癌剤「インライタ」などの主力品は順調に推移し、免疫抑制剤「タクロリムス」を含むファイザーブランドの後発品が伸長した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【ファイザー日本法人】16年度売上7.4%減‐5000億円割るのは11年度以来

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS