【チーム医療WG】調剤量の変更、患家で可‐在宅での調剤業務見直しへ

2013年10月1日 (火)

ニュース


チーム医療WGが了承

 医療職種の業務範囲の見直しを検討している厚生労働省の「チーム医療推進方策検討ワーキンググループ」は9月26日、在宅で薬剤師が患者の残薬を確認した場合、処方した医師に疑義照会を行えば調剤量の変更を行えるようにするなどの業務内容の見直し案を了承した。見直し案は今後、親会議の「チーム医療推進会議」に提示する。

 薬剤師法22条では、薬剤師が調剤を行うことができる場所は原則として薬局に限ると規定されている。例外として、処方箋の確認業務や処方医への疑義照会については、患家(居宅)で行うことが認められているが、調剤は行えないことになっている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【チーム医療WG】調剤量の変更、患家で可‐在宅での調剤業務見直しへ

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!