【厚労省】九州大雨で1薬局に被害‐朝倉市など床下浸水9件

2017年7月10日 (月)

ニュース


 厚生労働省は、九州北部で発生した記録的な大雨に関する7日時点の被害状況を公表した。医薬品関係では、甚大な被害が発生している福岡県朝倉市、大牟田市の薬局で床下浸水などの報告が9件あり、そのうち朝倉市の薬局1件では営業できていない。地元の朝倉薬剤師会によると、営業できていないのはフラワー薬局西町店としている。

 また、大分県では7日時点で被害は報告されていないが、大分県薬剤師会のモバイルファーマシーが日田市内の避難所を巡回して、お薬相談を実施中とされている。医薬品卸売販売業への影響については、現時点で医薬品の安定供給に関する被害は見られておらず、輸血用血液製剤についても安定供給に関する被害はないという。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】九州大雨で1薬局に被害‐朝倉市など床下浸水9件

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!