薬局機能に応じた評価「流れは間違っていない」‐鈴木保険局長が認識示す

2017年8月1日 (火)

ニュース


鈴木俊彦保険局長

 厚生労働省の鈴木俊彦保険局長は7月28日、就任後初めて専門紙の共同会見に応じた。調剤報酬について、かかりつけ機能を発揮できる薬局と、単に調剤して薬を渡すだけの薬局とでは、「患者さんが受けるベネフィットは違ってくる」とした上で、「薬局が持つ様々な機能に応じて考えた方が良い」と強調。こうした薬局の機能に応じた評価を「適正に行っていく流れにあり、その流れ自体は間違っていない」との認識を示した。

 2018年度は、6年に一度の診療報酬と介護報酬の同時改定となるが、「効率化すべきところは効率化し、充実すべきところは充実する。その理解を得るための絵姿を示していくのが私の仕事」との認識を示した。



HOME > ニュース > 薬局機能に応じた評価「流れは間違っていない」‐鈴木保険局長が認識示す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!