【武田薬品/ノイルイミューン】CAR-T療法で共同研究‐固形癌治療薬の創出目指す

2017年9月8日 (金)

ニュース


 武田薬品と国立がん研究センターと山口大学が設立したバイオベンチャー「ノイルイミューン・バイオテック」は、次世代型キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)に関する共同研究契約を締結した。武田がCAR-T療法に本格的に取り組むのは今回が初。両社は、ノイルイミューンの基盤技術である次世代型CAR-T細胞療法技術を用いて、複数の固形癌治療薬候補の共同研究を行う。

 次世代型CAR-T細胞療法技術は、山口大学の玉田耕治教授により見出された基盤技術で、サイトカイン、ケモカイン等を産生する機構を有しているのが特徴。固形癌組織の微小環境に影響を与え、癌治療の効果を高めることが見込まれている。



HOME > ニュース > 【武田薬品/ノイルイミューン】CAR-T療法で共同研究‐固形癌治療薬の創出目指す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!