【厚労省】偽造品防止、流通をルール化‐薬局開設者の責任も

2017年10月24日 (火)

ニュース


年内メドに報告書

 厚生労働省は19日、4カ月ぶりに「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」を再開させ、偽造品流通防止に向けて残された課題を提示した。流通過程での品質確保のため、国際的な「医薬品適正流通基準」であるGDP(Good Distribution Practice)ガイドラインに対応した国内ルールを検討するほか、卸売販売業者の業務体制にかかる許可基準の設定、薬局開設者と管理薬剤師の責任・責務を法令上、どう位置づけるかなどについて議論し、年内をメドに報告書をまとめる。

 この日の会議では、6月の「中間取りまとめ」を踏まえ、▽流通過程での品質の確保▽規制の法令上の位置づけのあり方▽封かん方法などに関する適切な情報共有に関するルール作り――を中心に議論することを確認した。



HOME > ニュース > 【厚労省】偽造品防止、流通をルール化‐薬局開設者の責任も

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!