【厚労省】遠隔診療でガイドライン策定‐今年度メド、ルール整備へ

2017年11月22日 (水)

ニュース


 厚生労働省などは15日、電話・テレビなど情報通信機器を使用した遠隔診療に関して、医師が診療の参考にできるガイドラインを策定する考えを、政府の未来投資会議構造改革徹底推進会合「健康・医療・介護会合」に示した。医療上の安全性、必要性、有効性を確保する観点から、情報通信機器を用いた診療についての原則、診療形態の例などを盛り込む。厚生労働科学研究班で具体的内容の検討を進め、今年度末をメドに策定したい考えだ。

 遠隔診療をめぐっては、厚労省の通知で対面診療と適切に組み合わせて行うことなど、診療時の留意点を示している。

 ただ、遠隔診療のさらなる普及のためには、一定のルール整備が求められると判断。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】遠隔診療でガイドライン策定‐今年度メド、ルール整備へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!