【あゆみ製薬】抗リウマチ剤のバイオシミラー、3剤合計で100億円へ‐品揃え強化し低価格を訴求

2017年12月5日 (火)

ニュース


大内光社長

大内光社長

 リウマチ領域のスペシャリティーファーマ「あゆみ製薬」は、抗TNF-α抗体「インフリキシマブBS点滴静注用100mg『あゆみ』」の上市で、国内バイオシミラー(BS)事業への参入を果たし、承認取得後に販売を予定しているTNF-α受容体製剤「エタネルセプト」、抗TNF-α抗体「アダリムマブ」のバイオシミラー(BS)3剤合計で売上高100億円を目指す。参天製薬から承継した抗リウマチ薬4剤と共に品揃えを強化していき、早期に500億円を達成したい考えだ。大内光社長は、本紙のインタビューに応じ、「バイオシミラー3剤を提供できるのはわれわれだけ。最適と考えられるリウマチ治療の組み合わせを提案できるのに加え、安価で患者さんに提供できるのがメリットだ」と今後の事業に自信を示した。

 あゆみ製薬は、参天製薬から抗リウマチ薬4剤を承継し、2015年から事業を開始。昭和薬品化工から鎮痛剤「カロナール」を中心とした医薬品事業も譲受し、リウマチに加え、整形外科、疼痛領域へと拡大を図り、16年度売上は240億円となっている。



HOME > ニュース > 【あゆみ製薬】抗リウマチ剤のバイオシミラー、3剤合計で100億円へ‐品揃え強化し低価格を訴求

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!