【第一三共】北里第一三共ワクチン、40億円で完全子会社化

2017年12月6日 (水)

ニュース


 第一三共は、北里研究所との合弁会社として2011年に設立した北里第一三共ワクチンの全株式を約40億円で取得し、完全子会社化した。ワクチン事業の基盤強化や意思決定の迅速化、品質・安定供給の確保が目的。北里第一三共ワクチンの従業員475人は、雇用が継続される。

 北里第一三共ワクチンは、埼玉県北本市を拠点に、北里研究所のワクチン製造・研究開発機能を継承し、ヒト用の感染症予防・治療ワクチンの研究開発、製造、販売を行っている。15年6月と今年9月には、財務基盤強化を目的に募集株式を発行し、第一三共がその総数を引き受け、議決権比率として93.9%を保有していた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【第一三共】北里第一三共ワクチン、40億円で完全子会社化

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!