製薬大手5社の13年3月期決算‐アステラスなど3社が好調

2013年5月17日 (金)

ニュース


 国内大手製薬企業5社の2013年3月期決算(連結)が出揃った。アステラス製薬、第一三共、大塚ホールディングス(医療関連事業)の3社が増収増益となった。一方、最大手の武田薬品は、スイスのナイコメッド社の通年寄与で増収を確保したものの、研究開発費の増加が響き50%台の営業・経常減益、エーザイは、抗アルツハイマー症治療薬「アリセプト」と胃潰瘍治療薬「パリエット」の特許切れ影響を拭いきれず、二桁の減収減益と対照的な結果となった(表参照


国内製薬大手5社の2013年3月期決算

 武田は、ナイコメッドの売上を通年計上したほか、昨年6月に買収した痛風治療薬を販売するURLファーマなどを加えたことで海外売上が6・1%増と拡大。欧州やアジアを含む新興国が牽引し、米国でも抗癌剤「ベルケイド」の伸長により、25・4%増となった。



HOME > ニュース > 製薬大手5社の13年3月期決算‐アステラスなど3社が好調

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!