AI創薬の共同研究開始‐国内製薬企業2社とDeNA

2018年1月17日 (水)

ニュース


 ディー・エヌ・エーとDeNAライフサイエンス、旭化成ファーマ、塩野義製薬は、AI創薬の実現可能性を技術的に検証する共同研究を開始する。

 旭化成ファーマと塩野義製薬が保有する構造式や特性情報などの化合物情報を用いて、創薬プロセスの初期段階にある化合物最適化での大幅なコストと期間の低減につなげる。共同研究の科学技術顧問には、IT/AI創薬の専門家である東京工業大学情報理工学院の石田貴士准教授が就任する。

 製薬企業の新薬開発をめぐっては、開発成功確率の低下や研究開発費の高騰など創薬の生産性向上が課題となっている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > AI創薬の共同研究開始‐国内製薬企業2社とDeNA

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS