薬局モデル事業に協力要請‐宮本医薬局長「多職種、他機関と連携を」

2018年1月23日 (火)

ニュース


宮本真司医薬・生活衛生局長

宮本真司医薬・生活衛生局長

 厚生労働省の宮本真司医薬・生活衛生局長は18日、全国厚生労働関係部局長会議で、患者のための薬局ビジョン推進事業に言及。かかりつけ薬剤師・薬局を推進するため、地域の現状や課題を把握する調査を行うことを説明。「どのように課題を乗り越えていけるのか多職種、他機関との連携協議体の場を作り、検討を行うことが必要」との考えを示し、「薬務担当課だけではなく、関連部署や市町村などと連携を取って、実のあるモデル事業となるよう配慮をお願いしたい」と都道府県担当者に要請した。

 宮本氏は、かかりつけ薬剤師・薬局の推進について「厚労省の施策の中でも、かなり大きな柱として掲げている」とし、薬局全体の改革に向けた患者のための薬局ビジョンを実現するため、来年度も四つのテーマ別のモデル事業を行うことを説明。「いずれにおいても地域の現状や課題を把握するための調査を行う」とし、かかりつけ薬剤師・薬局の推進に向けた課題を乗り越えるため、多職種と他機関の連携を呼びかけた。



HOME > ニュース > 薬局モデル事業に協力要請‐宮本医薬局長「多職種、他機関と連携を」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!