中国製薬企業が日本進出‐ジェネリック薬のAPI供給、製造受託事業などで参入

2018年1月26日 (金)

ニュース


陳氏

陳氏

 中国の製薬企業である浙江華海薬業(ファーハイ・ファーマシューティカル)は19日、日本市場に本格参入するため日本法人としてファーハイジャパン薬業(本社名古屋市、社長李相奎氏)を設立したことを発表した。日本法人の登記は昨年7月に済ませており、今年4月頃には日本で医薬品製造販売業許可を取得する予定。今後、中国本社で展開する医薬品原薬(API)事業や受託事業などで国内ジェネリックメーカーとの連携を視野に日本市場への浸透を図る構えだ。

 同日、名古屋市内で会見した浙江華海の陳保華総経理(CEO)は日本市場参入について、「米国に次ぐ市場であり、さらに(医薬品に)求められる品質が高く、われわれの企業姿勢と合致する」と説明。API事業や製造委託事業を中心に展開し、約10年を見越した中長期的戦略として「自社製品の上市も視野に入れている」と展望を示した。また、市場展開に向けては▽企業買収▽製品承継▽生産機能アライアンスなどにも積極的に取り組んでいく考えを強調した。



HOME > ニュース > 中国製薬企業が日本進出‐ジェネリック薬のAPI供給、製造受託事業などで参入

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!