【ロート製薬】三重大学と共同研究を締結‐独自の健康素材探索目指す

2018年2月9日 (金)

ニュース


 ロート製薬は1月26日、三重県の地域活性化に向けた共同研究を三重大学と行っていくことで締結した。アカデミアの知見と製薬会社のノウハウを融合し、三重県独自の健康食材の機能性を解析し、地域活性化にも取り組んでいく。

 三重県は全国で肥満度が最も低い県で、健康寿命も女性が全国8位、男性が全国10位と、健康で長生きの県となっている(2015年厚労省調査による)。その三重県の人たちの生活を支えてきた同県固有の素材は、シャクヤクなど約100種類ほどあり、古来より健康に良いと言われている。



HOME > ニュース > 【ロート製薬】三重大学と共同研究を締結‐独自の健康素材探索目指す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!