【東京生薬協会/東京薬事協会】第5回「くすりの歴史展」賑わう

2013年10月30日 (水)

ニュース


来場者に学術担当者らが丁寧に説明を行った

来場者に学術担当者らが丁寧に説明を行った

 東京生薬協会と東京薬事協会は、22日から25日までの4日間、東京中央区本町の昭和薬貿ビル2階で「第5回くすりの歴史展」を開催した(中央区教育委員会等の後援)。「文化財が語るくすりの原点」と題し、江戸末期からの薬に関わる貴重な資料類が多数展示・紹介されたほか、各日とも講演会が行われるなど、多くの来場者で賑わった。

東京薬事協会・岩城会長があいさつ

関係者による初日のテープカット

関係者による初日のテープカット

 初日のオープニング式典では、テープカットなどが行われ、主催者を代表して東京薬事協会の岩城修会長が「東京薬事協会では、今回展示している薬に関わる重要な資料の収集・保管を任務の一つとしている。これら資料をこうした機会に皆様にご覧いただき、薬に対する様々な知識等を広めていけたらと思っている」とあいさつした。



HOME > ニュース > 【東京生薬協会/東京薬事協会】第5回「くすりの歴史展」賑わう

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!