道頓堀の「ピップ時計台」‐春の限定デザインに変更

2018年4月11日 (水)

ニュース


ピップ時計台

 ピップは昨秋、2018年に創業110周年、メーカー部門(現「商品開発事業本部」)設立50周年を迎えるのを記念し、大阪・道頓堀の屋外看板をアナログ時計タイプのLEDビジョン時計台にリニューアルしたが、4月末まで桜をあしらった“春限定デザイン”に変更している。

 ここ数年、大阪では外国人観光客が年々増加傾向にあり、今では3年前に比べて約3倍、年間900万人を超える人々が来阪する。インバウンド需要が活況を示す大阪の中でも、「ピップ時計台」のある道頓堀は、国内外を含めて多くの観光客が集まるエリアとして有名。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 道頓堀の「ピップ時計台」‐春の限定デザインに変更

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS