【JACDS】『勤務薬剤師委員会』設置へ

2018年4月26日 (木)

ニュース


 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、20日の定例会見で、同協会内に『勤務薬剤師委員会』(仮称)を設置し、勤務薬剤師の活用、職能拡大、業務支援などを1年かけて検討していく考えを明らかにした。

 宗像守事務総長は会見で、JACDS内に『勤務薬剤師委員会』を設置することについて、「“薬剤師の、薬剤師による、薬剤師のための”組織化ではなく、基本的にドラッグストア企業にとってこれから重要な薬剤師をどう位置づけし、どう支援するかということ」と説明。「ドラッグストア業界にとっても薬剤師はキーパーソン」とし、「この薬剤師たちに、コンプライアンスをしっかり守った形で仕事をしてもらうための組織や体制づくり、薬剤師の職能拡大、業務支援などに取り組む組織として、JACDS内に勤務薬剤師委員会を設置する」と述べた。



HOME > ニュース > 【JACDS】『勤務薬剤師委員会』設置へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!