【厚労省】抗菌薬使用手引き改正へ‐5歳以下の「かぜ」対象に

2018年5月7日 (月)

ニュース


 厚生労働省の薬剤耐性(AMR)に関する小委員会は4月27日、「抗微生物薬適正使用の手引き」について、学童期未満の小児を対象とした改正を行うことを了承した。5歳以下の急性気道感染症に抗菌薬が多く処方されている実態から、学童期未満に関する記載を盛り込む。また、その他の領域に関しては、抗菌薬が不必要に使われている事例の検討を行っていく。

 昨年6月に発行された抗微生物薬適正使用の手引き第1版は、学童期以降の急性気道感染症と急性下痢症を対象としたものだが、小委員会では、さらに抗微生物薬の適正使用を進めるため、手引きで扱う領域を拡大していく必要性が指摘されていた。



HOME > ニュース > 【厚労省】抗菌薬使用手引き改正へ‐5歳以下の「かぜ」対象に

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!