【経産省】ドラッグストア、36カ月連続で販売額増

2018年5月9日 (水)

ニュース


 経済産業省の2018年3月分の商業動態統計(速報)によると、ドラッグストア販売額は5295億円、前年同月比で見ると8.5%の増加となった。経産省によると「36カ月連続の増加」で、店舗数の増加が全体の伸びを下支えしているという。

 商品別に見ると、「調剤医薬品」が14.0%の増(373億円)で、伸び率が最も大きかった。調剤併設型の店舗が増えていることなどが主な要因とみられる。また、訪日外国人観光客の影響で、「ビューティケア(化粧品・小物)」が11.6%(811億円)と高い伸びを示したほか、食品を中心とした店舗の出店が増えていることに伴い、「食品」が9.6%(1419億円)の増となった。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【経産省】ドラッグストア、36カ月連続で販売額増

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!