薬局のガバナンス強化策、厚科審制度部会で議論へ‐加藤厚労相

2018年5月24日 (木)

ニュース


 加藤勝信厚生労働相は、17日の参院厚生労働委員会で、昨年、チェーン薬局を中心に偽造薬の流通や処方箋付け替え請求などの事案が発生したことを踏まえ、「薬局で適切な業務が行われる」ようにするため、今後の厚生科学審議会・医薬品医療機器制度部会で「薬局のガバナンスを強化する方策を含め、薬剤師・薬局のあり方についても検討の中で議論を深めたい」と述べた。

 参院厚労委で藤井基之参院議員(自民)は、一連の不祥事に共通する問題として、「多くの店舗を展開する法人のガバナンス」を挙げ、「薬局開設者を薬剤師に限定するという法の基本理念をもう少し強く出す、あるいは同一法人が複数の都道府県で多数の薬局を展開している場合のガバナンスのあり方について、もう少し厳格化を図るという検討が必要なのではないか」と指摘。



HOME > ニュース > 薬局のガバナンス強化策、厚科審制度部会で議論へ‐加藤厚労相

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!