【日医工/共和薬品】エタネルセプトBSを導入‐関節リウマチ領域を強化

2018年6月22日 (金)

ニュース


 日医工は、印ジェネリック医薬品(GE薬)メーカーのルピンが開発し、子会社の共和薬品が国内申請中の関節リウマチ治療薬「エタネルセプト」(先発品名:エンブレル)のバイオ後続品「エタネルセプトBS」について、国内独占的販売権を獲得した。承認取得後は、「日医工」の製品名で上市し、販売1年後に共和薬品から製造販売承認を承継する予定。

 日医工は、既にバイオ後続品として関節リウマチ治療薬「インフリキシマブBS点滴静注用100mg『日医工』」を販売しており、エタネルセプトBSが加わることで、関節リウマチ領域の強化を見込む。



HOME > ニュース > 【日医工/共和薬品】エタネルセプトBSを導入‐関節リウマチ領域を強化

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!